家賃管理もなんのその|不動産管理システムで楽ちん運営

様々な想定

積み木

想定することで

マンション経営は時間の経過を意識して行うことも大切です。建物維持を意識してマンション経営をすることで、トラブルが少ないマンション経営が可能となります。しかし、メンテナンスにかけるコストは、緊急性が高いほどコストが高くなります。万が一水漏れがあった時や夏場にエアコンが故障した時は、修理代が割高になります。そのため、予防メンテナンスを先にやっておくことで、メンテナンスにかけるコストを抑えることができます。エアコンなどは夏前に交換することで、修理代を低くすることができます。こうした設備の入れ替えは、空室の時にやると便利です。また、空室に時に設備更新しますと、「設備を更新したばかりです」と宣伝することもできます。そして、マンション経営は物件を高く売却することも大切です。売却する数年前にメンテナンスをすることで、売値を高くすることもできます。古い物件を解体して、土地として売却する場合はこうしたメンテナンスは必要なこともあります。そのため、マンション経営をする時は、常に先の展開を見据えることが大切です。また、マンションのリフォームを依頼する時は、業者の繁盛期を避けることも大切です。そうすることで、リフォームを安く済ますこともできますし、工期を短くすることもできます。不動産ビジネスは客観的な視点を持って行うことが重要です。マンション経営のコストである固定資産税は固定資産税評価額を調べることで、知ることができます。現在では、ランニングコストも物件の特徴を知ることで、かなり正確に推測することができます。