家賃管理もなんのその|不動産管理システムで楽ちん運営

空き部屋の有効活用

硬貨を積む人

個人所有の空き部屋の利用

ここ数年、都内の駅や有名な観光スポットで外国人をよく見かけるようになりました。数年後には、東京オリンピックも控えており、今後も訪日外国人はさらに増加していくと予想されます。そんな中で問題となっているのが宿泊施設の不足や宿泊料金の上昇です。特に宿泊施設の不足は、旅行の計画そのものに関わってきますので旅行者にとって早急に解決したい問題となっています。一方でairbnb(エアビーアンドビー)というサービスに注目が集まっています。airbnbというのは、宿泊施設を貸したい人と借りたい人をマッチングさせる仲介サイトのことです。このサービスを利用することで、借りる側は宿泊施設を確保しやすくなり、貸す側は空き部屋や施設を有効活用することができるようになります。貸す施設というのは個人所有でも可能で、空き部屋や家をお持ちの方であればだれでも利用することができます。個人では手続きや管理が大変ではと感じられる方がおられると思いますが、そういった場合は管理・運営等を代行業者に依頼することも可能となっています。代行内容の一例としては、airbnbへの登録、お客様からの問い合わせ対応があります。airbnbへの登録は、閲覧者の目に留まるように、そして好印象を持ってもらえるように行います。お客様からの問い合わせは英語の場合も考えられ、誤解の無いよう対応します。困難な作業や苦手な作業は代行依頼することで、個人の負担を減らすことができます。もし、空き部屋をお持ちであればairbnbと代行業者を利用し宿泊施設の貸し出しを検討しては如何でしょうか。