家賃管理もなんのその|不動産管理システムで楽ちん運営

便利なシステム

PCを使用する人

システムの特徴

自分で賃貸住宅を管理していく場合、不動産管理システムを利用するととても便利です。また、管理業務を不動産管理会社に委託している場合でも、このシステムは物件の経営状況を把握するのに有用です。不動産管理システムと聞くと不動産会社が使うもののように聞こえますが、個人で使用できるものも数多くあります。不動産管理システムは家賃の管理、入居者情報の管理、固定資産台帳の作成等ができます。家賃の管理は、帳簿に入金を記入し、さらにこれを集計し前受家賃、未納家賃を計算して年間の収支の内訳帳を作成する必要があります。ですが、このシステムを使うと日付と金額を入金するだけで、自動で計算が行われ家賃の管理業務の手間を大幅に減らしてくれます。また、台帳への記入もボタン操作で計上でき、内訳書の出力も可能です。このシステムでは入居者の情報を登録できるので、この情報をもとにコミュニケーションを円滑にできるようになります。さらに、入居者からの問い合わせなども記録できるため返答忘れなどもなくすことができます。また、入居者との契約書や家賃の督促状も作成が可能です。そのうえ、賃貸住宅固定資産台帳を作成できるので、確定申告時の計算も容易になります。耐用年数と建物の種類を登録しておくと、決算の時期に減価償却費の仕分けの計算も自動で行われます。賃貸住宅の管理に不動産管理システムを使うと、これらの物件の情報を一元的に管理できるようになります。このように、不動産管理システムは、賃貸住宅の管理に大いに役立つものです。

積み木

様々な想定

マンション経営をする時は、長期的な視点を持つことが大切です。メンテナンスにかけるコストを抑えるには、予防メンテナンスを実行すると便利です。マンション経営にかかるコストを把握する時は、客観的な視点を持つことが大切です。

硬貨を積む人

空き部屋の有効活用

訪日外国人は今後増えていくと予想されますが、宿泊施設の不足が心配されています。一方airbnbというサービスに注目が集まっています。このサービスを利用することで個人所有の空き部屋を宿泊施設として貸し出すことが可能となります。また、代行業者を利用することで個人の負担を減らすことができます。